チベット問題って?(^_^;) (暴動をきっかけにチベット問題って何だろう?と 調べ、このページを作りました)

 〜  中国政府は1950年のチベット侵略も含め国内問題と主張:なお今回の武力弾圧に対し中国から経済的な利益を得たいアメリカ、日本政府は強く言えない(^_^;) 〜
結局、私たちのお金を得たい、という目的のために犠牲になっている人たちだ、ってことがわかってきた

 

  最終更新日 2008/08/24 日曜日
合計:無料カウンター 本日:不倫・出会い 昨日:無料・出会い系 データ復旧seo対策浮気調査包茎手術裏DVD

中国に援助の手を   環境、人権、そして戦争の原因の根っこをなくすために

チベット問題って?(匿名可能な掲示板)

おすすめリンクなどもこの匿名可能な掲示板でご連絡ください (^_^;
なお私は中国に対し感情的な反感を抱いているわけではありません。
ペマ・ギャルポさんも言うように、中国の心ある人たちにチベットの人たちの苦しみや悲しみ、
そして 私たち国際社会がどう見ているかわかってもらいたいのです。
なんやかや言ってますが、私たちが東京オリンピックを開いたときも公害問題などがひどかったし、
とても国際社会の成熟した一員とは言い難かったですからねー (^_^;)。人種問題としてもアイヌ問題も抱えていますし。
オリンピック後、チベットの人たちとも調和を保って発展し、中国の国内はもとより、世界平和への国際貢献も大いに期待しています。

2006年、ヒマラヤ山脈を歩いて越えて亡命しようとするチベット人たちを中国軍が狙撃する模様を伝える日本語テロップつきドキュメンタリ
(インターネットではチベット問題が注目をあびるきっかけとなった:どうりで中国は登山を禁止ししたわけだ)

 
アムネスティ:話し合いで解決できたら中国に人権の金メダルを!
(前向きなところがいい。 何だったらアムネスティのように中国のある団体か個人にノーベル平和賞を! (^_^;)


国境なき記者団:このままではオリンピックに参加しないぞ! (^_^;)


中国製品だけでなく、北京オリンピックのスポンサー企業まで (^_^;) これはキツイですね!(マイナスイメージを企業は嫌うから(^_^;))


全体の概要 ★が多いほどいいビデオや解説記事:私の勝手な評価です (^_^;)

 ★★チベット弾圧:チベット人に扮した警察官がデモ隊を扇動
 ★★大紀元時報のニュースより 『大紀元時報』は2000年8月にニューヨークで『気功』などでも知られる法輪功系の人たちが発行した新聞で、その後、世界中に広がり、中国共産党の横暴を的確に批判しています。なお中国政府によると法輪功は中国のオウム真理教、とのことですが、私などが見ると中国共産党の考え より法輪功の方がまともでは、と思っちゃいます(^_^;)

朝日新聞 チベット問題特集   その他各メディアへ

★★中国の本当の姿をダイジェスト版で紹介

2百数十名が賛成して国会決議してしまったオリンピック支援=オリンピックボイコットの外交カードは日本はもう切れない (^_^;)
(やっぱり日本は人権よりお金儲けを優先する国だった、と内外にアピール?
どの国会議員がオリンピックを推進しているか、ここをクリックすると一目瞭然 (^_^;)
 自民党中心で企業がらみのお金儲けが中心であることを暴露してしまっている (^_^;))

超入門 チベット問題 (簡単に解説して いてわかりやすい入門編 (^_^;))

★★ チベット騒乱について (チベット暴動のビデオ解説 :かなりトーンは押さえ気味 (^_^;))
★★★ペマ・ギャルポさんによる 冷静で理性的な情勢分析(1) (2) (3)
ペマさんの「中国政府は真実を追究しようとせず、嘘で誤魔化すか、犯人をでっち上げて片をつけるか、どっちかしかない。こんなことを続けていると国際社会から信用されなくなる」との趣旨の言葉は納得、納得。 ペマ・ギャルポさんのHP

★★三島由紀夫に心酔する中国通 民族派作家 (^_^;) 宮崎正弘氏による中国の思惑(1)  (2) (3)
ちょっと出てくる扇動的な言葉が気になったけど...(^_^;) 宮崎正広氏のホームページ

★★ チベット問題を宮崎と勝谷がズバッと断罪 1of2   2of 2

  チベット問題を勝谷誠彦と断罪 第2弾1of2   2of2

★★国際法曹委員会の報告に基づいてチベット侵略の実態をマンガで紹介
   「かなろぐ」のブログより  
五輪前どうにも邪魔な生き仏 すごい川柳! (^_^;)

★★世界に流れる中国兵によるチベット人虐殺動画 〜チベット問題が世界中に認知されることを祈って〜
★★チベット問題に関連する話題( 考察が深いブログ 「アジアの真実」より )

★★チベットを知るために ダライ・ラマ法王 日本代表部事務所より:チベット問題の解説の本家 (^_^;))

★★チベットは見捨てられるのか チベット問題の本質を突いた、ご存知 田中宇さんの国際ニュース解説より もう5年以上前の記事だけど)
 【2003年7月1日】 チベット難民に対するネパールの政策が中国寄りになったり、インド(アメリカ)寄りになったりするのは、中国に対するアメリカの政策が揺れている結果であろう。チベット人は中国の圧政下で不幸な生活を送ってきたが、その一方で、圧政から逃れるためにはアメリカの世界支配の道具になることが必要だった

 チベット問題は国内問題か? 国際司法裁判所でも国際的な侵略であると認定
感情的なやりとりがいたるところにあるけど、まあ、仕方ないのかなー。

チベット侵略
 チベット亡命政府の集計によると、1950〜'84年の間に発生した、武装蜂起による犠牲者、北京統治政策に起因する餓死者、獄死や強制収容所での死者、拷問による死者や処刑者、自殺者等の合計が百二十七万七千三百八十七人(1,277,387人)に達しているそう だ。これは全人口の約二割に当たる膨大な犠牲者数。この数字はノーベル平和賞を受賞した国際的人権団体「アムネスティ・インターナショナル」も認めていて、後に国際司法裁判所が「計画的組織的大虐殺」と称した通り。北京政府が主張する南京「大虐殺」どころの騒ぎじゃない 。

 

チベット侵略の実態!「帝国主義者からチベットを解放する」として、一方的に独立国チベットを侵略した中国はその後、どのような「解放」政策をとったのだろうか

 


個々の問題

★★>>『世界最年少の政治囚』パンチェン・ラマ11世救出キャンペーン
「2人のパンチェン・ラマ」という悲劇 大島信三産経新聞編集委員 (パンチェンラマとは昔の天皇にも匹敵する地位)
(今回の騒ぎで初めて知りました。こんな少年と家族の拉致・監禁を中国は行っているんだ、ってこと。中国餃子だけじゃなかった(^_^;)


NGOなど

★★★チベット人権民主化センター:自動翻訳版(インドに拠点を置くNGO) 原文
 ここのサイトで虐殺された人たちの写真を公開ショッキングな画像が並らんでいますので注意してください)
 まだこちらの方がショッキングな画像がなくていいかも (^_^;)

★★チベット・サポート・ネットワーク・ジャパン
  >>『世界最年少の政治囚』パンチェン・ラマ11世救出キャンペー ンもやってます

★★★アムネスティ・インターナショナル・ジャパン(ノーベル平和賞をもらった国際人権保護団体)
チベット人の人権と権利の尊重を!
 話し合いで解決したら中国に人権の金メダルを!

★★★国境なき記者団:自動翻訳版  原文 (各国の情報公開を求めています)


おすすめDVD,書籍

 

アジアの真実」より引用

・映画: セブン・イヤーズ・イン・チベット 〜チベットで起こった事をいつか考える日〜

DVD版

セブン・イヤーズ・イン・チベット〈ニューマスター版〉
ブラッド・ピット デヴィッド・シューリス B.D.ウォン
B000BKJJ7Y
チベット問題とは何なのだろう?なぜチベットの人はデモを起こすのか?中国が今現在も虐殺や人権侵害を行っているのは分かっていても、いわゆる”チベット問題”についての本質が分からない人も日本にはたくさんいるはずです。手っ取り早くチベット問題の本質を知りたい方は、この映画を見ることをお勧めします。

中国はいかにチベットを侵略したか
マイケル ダナム Mikel Dunham 山際 素男
477004030X


囚われのチベットの少女
フィリップ ブルサール ダニエル ラン Philippe Broussard
4901510061

ダライ・ラマ自伝 (文春文庫)
ダライラマ The Dalai Lama of Tibet 山際 素男
4167651092  


番外編(同じ根っこの問題です(^_^;))

★★★チベット問題がアジアのタブーとしたらこちらは日本のタブー:日本では絶対にマスコミに出ないオーム事件の実行犯としての創価学会、暴力団、統一教会の関係 も
(多分、にわかには信じられないでしょうが、この事件でも素人目に単純な疑問がいっぱいでオーム信者や麻原被告の犯行に見せかけた犯罪であることがわかってきます)

★★★世界のタブー911同時多発テロ の背景に戦争ビジネス、麻薬ビジネスにからむCIA,国際金融資本家らがいた」もよろしく


 

私の考えてきたこと

*世界のNGO支援国家をめざして
  (〜グローバル社会でのNGO(NPO)の今後の戦略と新たな枠組み〜)
*
21世紀、世界のガバナンスのありかた
〜国連憲章をさらに理念的に発展させNGO主体の地球規模の統治システムの確立へ〜
*私が環境問題などを考えるきっかけ(そう1996年ごろの話です(^_^;))

 

 

ホーム 講演・シンポジウム・イベント NHKの放送関連

 

 

 
相互リンク 募集カウンター