私の立場: 実は私もつい最近まで「地球温暖化の主な原因はCO2」とばっかり思い込んでいた(^-^;)

 なお私は大量生産、大量消費の中の大量リサイクルでない、より効果的なリサイクル化や省エネ化やクリーンエネルギーに転換していくことを 進めていきたいと思っている一人です。
このホームページのグリーンズネットワークも地球温暖化問題がそもそもの発端 で、私が作ったものだったので... (^_^;) )
ただ2008年7月に見た「地球温暖化詐欺」のテレビ番組は、9.11の真実と同じように今までマスコミによって、素直に何も考えずに(^-^;) 私が鵜呑みにしていたことを、
もしかして本当だったのか、と改めて今までそのまま受け入れていた事を問い直す必要があるな、と感じさせた番組だったのでした。 (^-^;)


 実際、二酸化炭素の排出権売買の仕組みが出来上がり、NHKなどでも宣伝(?)されはじめたころから、何か、おかしいな、と思い始めてはいたのですが.....
 そうそう、NHKは京都議定書の締結されるころは、「もう一人一人の努力では到底、温暖化は止められない。国どうしの枠組みが必要だ。」とのキャンペーンをやってたけど、
その後は「やっぱり一人一人がCO2を出さないよう努力する必要がある」とキャンペーンをやっていた。 何、この矛盾した日和見的なキャンペーン?!
(でも私もそんな偉そうなことを言える立場でもないんですが...心のしくみ (^_^;) )
 さて総合的に考えてこれらは人を不安にさせ、恐怖に落としいれ、金を脅し取る、国際銀行家(財閥)マフィアの保険屋の手法と同じだと気づいたのでした。(^-^;) 
国際銀行家(財閥)(マフィア)のお仕事 試論
 でもさらによーく考えてみて、人の生命を傷つける軍需産業が背景にいる共和党か人をだましてお金をとる証券会社や保険会社などの金融機関などが背景にいる民主党か、
どちらかを選べ、と言われたら、私は迷わず民主党に投票します。 (^-^;)
 でもでも、よーく考えてみて、9.11の真実のサイトのビデオ や 
国際銀行家(財閥)(マフィア)のお仕事 のビデオを見ていただければわかりますが、2大政党制では、これら国際犯罪の背景にいて、共和党、民主党の大口スポンサーでもある、国際銀行家(財閥)マフィアが支配する、お金中心の世界から、私たちは抜け出せないのではないでしょうか?
実はよく見れば世界中にNGOや市民団体が支持する緑の党という政党やその芽があって、お金中心の既存政党から一線を画しているのです。その意味では、そろそろ賢い市民はそちらの選択をしていくしかないのでは、と思うようになってきました。
 なお「ユネスコ憲章」に戦争は人の心の中で生れるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」と書かれているように、私たちが本当にお金中心の世界と対峙するならば、その敵は外にいるのではなく、実は私たちの心に潜む「自分だけは楽して暮らしたい」という欲望だと、最近、気がついてきたのでした。.心のしくみ (^-^;) 

 

ホーム グリーンズネットワーク NGOネットワーク