このメディアの可能性

・ビデオ塾などの個人塾
・完売して売り出していない週刊誌や雑誌の記事を公開する電子図書
・NHKの放送済みや報道番組などを蓄積し、インターネットで放送してあげる
 (特に、NHKの報道番組などは国民の宝で、特にドラマなどは国家戦略として売れるモノ(^_^;)
・マスコミに流せない個人発信型のメディア
・個人のメモリアルサイトやビデオ遺言
・マスコミではお金がなくて流せない、中小企業の製品の詳しい商品説明やビデオマニュアル
・地方選挙の立候補者の政策説明など
 (逆に、企業や政治家などを告発するサイトとしても利用されるかも(^_^;)
)
・百聞は一見にしかずの部分は映像で、数字で裏づけ論理的に納得するには
 リンクしたホームページの文章を参照する、といった具合に、短い時間に
 多角的に説明し、納得してもらう。次に、行動に移してもらうために、
 問い合わせに対して迅速に答えてくれる掲示板やメーリングリストを用意しておく。
 それらの意味ではこの市民サーバは、最適のメディアコンプレックスである。


個人的な情報シェアを許可した場合

・結婚式、子供の誕生、成長、その他、冠婚葬祭など個人的な情報の一時的な公開
(パスワード管理が必要)
・どこからでもアクセス可能な個人ビデオライブラリ
(パスワード管理は必須)

ホーム