最新情報(2007年9月16日更新)

 新しいWindows Media Player Ver9以降のをインストール済みの方、ASFファイルをビデオ変換するコーデックがここにあります。 このプログラムを実行し、メニュにそってインストールしてください。

 情報(2006年5月23日更新)

新しいWindows Media Player Ver9以降のをインストール済みの方、
または新たにインストールしてしまった方は
下記の要領でMPEG4のビデオを見ることができます。

 下記のサイトのリンク先である「ののちゃんち」のHPでわざわざビデオの見かたのサイトを作ってくれたようです。

ちゃっかり、ここにリンクしておきますね。

(^_^;) ののちゃん ありがとう!

 

 なお別のやり方としては下記の要領もあります。(^_^;)

 各種の動画・音声コーディックをサポートする「真空波動研」というソフトが下記のURLの

黒羽製作所(有) http://www.kurohane.net/

の中ページにあります。そのソフトをダウンロードするには、
■PC/Program
生産物 / テスト版

生産物という部分をクリックして、更新中のソフト一覧を表示し、その中で、
真空波動研 040717の欄のDLという部分をクリックして
そのソフトをダウンロードして、圧縮してあるファイルを解凍して(zipファイルなどの展開)
SinkuHadouken.exeを実行してください。

 また、そのプログラムをじっこうしたら、トップの「動作」を選択し、プルダウンメニューの中で、「関連付け」を選び、そのダイアログボックスで、「全て選択」して、「登録」しておくと、あらゆるコーディックのファイルをこの真空波動研が再生するようになります。

 なおこれまでは、下記のような対応をお願いしていました。


 ただし、いったん全てのファイルをダウンロードしてから再生が始まるので、
長いビデオだとなかなか再生がはじまらない、という問題もありますが(^_^;)
逆に、その利点として、自由に好きな位置から見ることができます。

-----------
 Windowsメディアplayerで動画が見れないのであればスタートボタン→ファイルを検索して「mplayer2」と言う旧式メディアplayerを立ち上げれば見れますよ!


作業手順

1.「スタート」ボタン→「ファイル名を指定して実行」を選択して下さい。
2.「ファイル名を指定して実行」の入力欄に「mplayer2」と入力して、「OK」ボタ
ンをクリックして下さい。
3.メディアプレーヤー6.4が起動いたしますので、メニューの「表示」→「オプ
ション」を選択して下さい。
4.「オプション」画面が表示されましたら、「形式」タブをクリックして下さい。
5.「有効な形式」の項目にて
○「Windows Media ファイル」
○「Windows Media オーディオ ファイル」
○「Windows Media オーディオ/ビデオ ファイル」
のそれぞれにチェックマークを入れて、「OK」ボタンをクリックして下さい。

-----------

 なお、ビデオをPCでごらんになられている方に注意です。
最新版Windows Media Player Ver9をマイクロソフトの宣伝にのっかってインストールしないでください!!

(実は私もその宣伝にひっかかった一人なのですが(^_^;))
http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/download/default.asp
http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/default.asp
 Windows Media Playerの古い「6.4」でサポートしていた
コーデックを新しい版では、サポートを止めた、ということで
私のグリーンズネットワークから発信しているビデオもそうですが、
http://nvc.halsnet.com/jhattori/green-net/
「途中からエラーが出て見えなくなる!」という文句がではじめています。

 従来、完全アッパーコンパチビリティ(上位互換性)を保障する、というのが
ソフトの常識なのですが、絶対的な強さを誇る、マイクロソフトの横暴?か、
Yahoo! BBでさへも、映画が途中で見えなくなる、と文句がでているぐらいです。
(以前、録画したテープが再生できない、そんなVTRを発売しはじめた、
 というのと同じようなことをマイクロソフトは、やり始めたのですから
 (`_´メ)
 

 何でも、事情通によると、従来はMPEG4という規格にのっとったPlayerだったのが
どういうわけか、MPEG4という規格からはずれたマイクロソフト独自の規格を作り
以後、マイクロソフトはMPEG4と言うのをやめて、Windows Media Player規格を
サポートという呼び方に変わってきた、とのことです。
(どうもMPEG4のPlayerとして、マイクロソフトは先行していたのに、独自規格を
 とりはじめ、今は、マイクロソフト対MPEG4連合とのことです。
 MPEG4って知ってます?より)

 みなさんから、最近、エラーで停まってしまう、という苦情が頻発していて
困っていたら、ある方から、Windows Media Player Ver9をインストールしてしまい
途中でビデオが見えなくなった場合、旧式のメディアplayerを既定(デフォルト)のプレーヤとして使う設定を教えていただきました。
それが上記の方法でした。
(何でも、古い形式もサポートするように、別のメディアプレーヤも
 しっかり残してあったり、新しいバージョンをダウンロードするとき
 いっしょに自動的にダウンロードして組み込んであった?
 きたないぞ、マイクロソフト! わかってたら、その古い形式も
 新しいメディアPlayerで再生できるようにしておけ!(`_´メ)
 なんか、だんだん、腹が立ってきたもんで....(^_^;)